ログイン



Tags » ‘PC98’

PC-98シリーズについて。

6月 5th, 2014 by

NECが独自技術で開発し発売していたパソコンのブランド名で、PC-8800シリーズの上位モデルとして1982年に発売されたPC-9801が初代です。
BASICレベルで下位機種との互換性をある程度確保し、また画像処理用LSI、漢字テキストVRAMなどの使用でグラフィックや日本語の高速処理を実現したことなどにより多くのビジネスソフトが開発され、ビジネスパソコンでもトップシェアを確保しました。
98シリーズはキューハチ/キュッパチと呼ばれることもあり、国内シェアで 50%以上を占め、国民機と言われた時期もありました。
その後1992年から上位互換製品として販売されたPC-9821シリーズに変わりました。
しかしWindows95の発売でパーソナルコンピュータが爆発的に普及する中、PC-9821シリーズの優位性が無くなっていったばかりでなく、独自アーキテクチャーが逆に互換性を損なうというマイナス要素となり、コスト・性能面でPC/AT互換機に対し大きく不利となり、1997年にNECがPC/AT互換機ベースのPC98-NXシリーズ(ピーシーキュウハチ エヌエックス)を発表するとともに終焉を迎えたと言えます。